いしかわ百万石文化祭2023

令和5年10月14日(土)~11月26日(日)開催!!

いしかわ百万石文化祭2023」は第38回国民文化祭第23回全国障害者芸術・文化祭の統一名称です。
各種の文化について全国規模で発表、共演し、障害のある人もない人も、共に参加して交流の輪を広げていく文化祭です。

[開会式] 令和5年10月15日(日)いしかわ総合スポーツセンター
[閉会式] 令和5年11月26日(日)石川県立音楽堂

お知らせ

  • 新着
  • イベント
  • 募集
  • 広報
  • その他

キャッチフレーズ

文化絢爛(ぶんかけんらん)

石川県は加賀百万石が育んだ伝統文化、祭りや食などの地域固有の文化、さらにクラシック音楽や現代アートなどの新たな文化が加わって、多様で多彩な文化が盛んな地です。大会を機にそれぞれの文化がより磨かれ、未来に輝かせたいという思いをこめました。

基本方針

  • [1] 県民総参加の文化の祭典
  • [2] 次世代への継承・発展
  • [3] 石川ならではの文化資源の活用
  • [4] 文化の力による観光の推進
  • [5] 文化と地場産業の連携
  • [6] 文化を通じた国際交流の推進

ロゴマーク

百万石の「百」と「100」の字をモチーフに、伝統工芸の漆器や金箔からイメージした赤と金で石川らしさを表現しています。
また、上に向かうループの形状は、さまざまな伝統や文化が次世代へ継承・発展していく様子をイメージしています。

公式ポスター

クリックして拡大

石川の多様で多彩な文化が“絢爛”に輝き、美しく広がりゆくイメージを、「万華鏡」をモチーフに表現しています。
3つの円は、ロゴマークを意匠的に表しており、それぞれには、「自然・景観」、「祭り・伝統芸能」、「伝統工芸・食」の写真を配置し、それらが重なり合って、本県の豊かな文化が形成されている様を表現しています。

探してみよう!

ポスターの円には風景や祭り、工芸などの石川の文化が隠れています。

答えはこちら

マスコットキャラクター

ひゃくまんさん

大人気!石川県の観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」が、
いしかわ百万石文化祭2023特別バージョンに扮して大会を応援します!

  • 絵画
  • 吹奏楽
  • 生け花
  • 舞踊
  • 囲碁
  • 書道
  • 太鼓
  • マーチングバンド
  • 将棋
  • 茶道

開閉会式総合ディレクター・スペシャルアンバサダー 開閉会式総合ディレクター・スペシャルアンバサダー

野村 萬斎(狂言師)

自然と文化の共存する石川県は、国内でも屈指の魅力あふれる県と言えるでしょう。 能登には多様な生物資源があり、加賀には霊峰白山から流れ出る河川によって肥沃な平野が広がり、金沢には加賀百万石の歴史と伝統文化が今もなお息づいています。「いしかわ百万石文化祭2023」を通じて、石川県の今をご紹介し、アップデートしている魅力の数々を国内外の皆様にお伝えしていきたいと思っております。

音楽アドバイザー

池辺 晋一郎(作曲家)

長くこの県で仕事をしてきた者として、石川県の文化に強い自負を持っています。
音楽のみならず、この県ならではの多様な文化を発信できる、すばらしい機会と考えています。

イベント

令和3年12月27日、石川県立音楽堂邦楽ホールにて2年前プレイベントを開催しました。

いしかわ百万石文化祭 開催2年前 プレイベント / 第1部 和と洋のステージ / 第2部 野村萬斎・田中美里 トークショー / イベント当日の様子はこちらから いしかわ百万石文化祭 開催2年前 プレイベント / 第1部 和と洋のステージ / 第2部 野村萬斎・田中美里 トークショー / イベント当日の様子はこちらから
  • 大会に向けて様々なイベント企画が進行中!(随時更新)
  • 大会に向けて様々なイベント企画が進行中!(随時更新)

2022年は沖縄県にて開催!

一足早く参加しよう!見てみよう!

美ら島おきなわ文化祭2022 募集情報へ